catch-img

外資系企業へ転職|英語を活かした転職を考えている方へ

留学経験のある20~30代に人気の転職先の一つに外資系企業があります。しかし、その実態をあまり知らずに「英語を使いたいから」という理由だけで外資系企業を受ける人も少なくありません。

狭き門である外資系企業ですが、数年で辞めていく人がいるのも事実です。まずは自分に合っているかどうか、自分の経験や英語力で実際に転職可能かどうかを調べてみましょう。


1:外資系企業の特徴

2:外資系企業への転職で必要な英語力

3:外資系企業への転職で準備するもの

4:まとめ


外資系企業の特徴

・完全実力主義/成果主義

日系企業では「年功序列」で年次に応じて役職が上がっていくのに対し、外資系企業では年齢や社歴に関係なく「成果」が評価の基準となります。プロセスを含めて目に見える成果が出せた人は昇給・昇格のチャンスがありますが、成果が出せなければ解雇されるリスクもあるのが、外資系企業です。

・残業があまりない

日系企業では残業を美徳とする考えや、上司より先に帰ることをあまり良く思われない風潮があります。これに対して外資系企業では残業をする人は「勤務時間内に仕事が処理しきれない自己管理能力の低い人」と評価されてしまうことが多いです。仕事よりも家庭を大切にするという欧米の風潮もあり、日中に効率よく勤務時間内に仕事を終わらせ定時で帰るというのが一般的です。

・給与が高い

額面だけを見れば日系企業よりも給与が高いところが多いようです。ただ、福利厚生が乏しかったり、そもそもの給与体系や制度が日系企業とは異なります。終身雇用の考えに基づいた日系企業の「退職金制度」が、組織に尽くすという概念のない外資系企業にはありません。日系企業が退職金として積み立てている分、外資系企業では給与として支払われているので年収が高くなります。また、給与体系はベース給+インセンティブとなり、完全実力主義の外資系企業では、成果を上げる事が出来ればその分給与としてインセンティブが高くなるので、個人のパフォーマンスで上下します。


外資系企業への転職で必要な英語力

外資系企業へ転職するなら英語はネイティブ並みに出来なければいけないのではと考える人も少なくないですが、実際には部署や仕事内容によっては英語をほとんど使わないこともあります。高いポストには外国人がいても、社内の人間はほとんど日本人というところも多いです。もちろん、本社や海外支社などとのやり取りが必要な場合は英語となるので、その場合はある程度の英語力が求められます。そういったことを考えると目安としてTOEIC700点以上はあったほうが良いでしょう。

本社や海外支社などとのやりとりがなく、通常業務でほとんど英語を使わない人は、入社時に求められる英語力は日常会話程度であることもあります。

TOEICの点数はあくまで目安であり、大事なのはコミュニケーション能力です。TOEICの点数が高いからと言って仕事での評価が高くなることはありません。TOEICの点数が高くても、英語での意思疎通がうまく出来ない人は評価されませんし、TOEICの点数があまり高くない人でも、自分の意見をしっかりと上司や取引先などに伝える事ができる人は評価されます。


外資系企業への転職で準備するもの

・自分のスキルや経験を見直す

募集職種に適した専門知識や経験があるかどうか、自分の職歴をたどって整理しましょう。また、外資系企業ではリーダーシップや問題解決能力、交渉力などのソフトスキルが問われることが多いです。面接時に質問された際に事例を具体的に話せるようにしておきましょう。

・英語の履歴書と職務経歴書

外資系の履歴書(resume、CV)と職務経歴書は、日本のものとはだいぶ異なります。初めて作成される場合は苦戦して時間がかかることが多いので、まずはテンプレートや書き方のコツなどのサイトを探し準備をしましょう。また、外資系企業でも日本語の履歴書と職務経歴書が必要な場合もあるので、日本語のものも準備しておくと良いでしょう。


まとめ

個人主義・成果主義である分、ハイリスク・ハイリターンな世界へ挑戦すること、外資系企業と言ってもまわりの社員は日本人が多い企業もあることなど、イメージしていたものとは少し違うこともあったのではないでしょうか。外資系企業と言っても様々ですが、日系企業との違いや自分にとってのメリット・デメリットを理解し、転職したあとに「こんなはずではなかった」とならないようにすることが大事です。

留学経験者のための英語専門人材サービス
運営:株式会社sunpla style
〒104-0061 東京都中央区銀座3-11-3 LEAGUE8F
プライバシーマーク登録番号:第17003921号