catch-img

紹介予定派遣とは?正社員になれるの?

紹介予定派遣について、皆さんはどこまでご存知でしょうか。「派遣先企業への直接雇用前提のお仕事」ということは知っていても、「確実に正社員になれると思っていた」という人もいれば、「紹介予定派遣の正社員化率を調べたら低くて一歩踏み出せない」という人もいるようです。

今回はこういった紹介予定派遣の不安やお悩みを解決すべく、紹介予定派遣制度についてご紹介いたします。


紹介予定派遣とは

通常の派遣との違い

紹介予定派遣のメリット・デメリット

直接雇用を断られるケース

まとめ


紹介予定派遣とは

紹介予定派遣とは、派遣契約終了後に派遣先の直接雇用(正社員または契約社員)となることを前提に一定期間派遣で就業し(最長6ヶ月間)、派遣契約終了時に派遣社員と派遣先企業の双方合意により直接雇用(正社員または契約社員)として採用される制度です。
この最長6ヶ月の派遣期間の間は、派遣先企業にとっても派遣社員にとっても「お試し期間」であり、派遣期間終了後には双方が直接雇用するか/されるかを選べます。

実際に企業の中で働いてみてから正社員になるかを選択できるので、より自分に合ったお仕事・企業を探すことができます。


通常の派遣との違い

通常の派遣と紹介予定派遣では主に3つの違いがあります。

1.採用時の面接の有無
通常の派遣:派遣先企業と派遣スタッフが派遣契約前に面接をすることが禁じられています。
紹介予定派遣:直接雇用を前提としているため、派遣先企業の書類選考や面接が認められています。

2.派遣契約期間満了後の雇用形態
通常の派遣:派遣契約が満了した後は、次の更新(最長3年まで)をし、派遣社員を続けます。
紹介予定派遣:派遣契約満了後は、派遣先の直接雇用(正社員・契約社員・パート/アルバイト)となります。

3.派遣契約の期間
通常の派遣:同一企業の同一部署で勤めることができるのは「最長3年」と定められています。3年経てば、別企業か他部署へ異動しなければいけません。
紹介予定派遣:直接雇用を前提とした試用期間という考えから、「最長6ヶ月」と定められています。最長6カ月の派遣契約期間満了後に、労働者・派遣先の双方合意の基、派遣先の企業での直接雇用へと切り替わります。


紹介予定派遣のメリット・デメリット

メリット:
・派遣先企業への直接雇用の可能性がある
正社員を前提とした紹介予定派遣であれば、派遣契約満了後は派遣先企業の正社員として働くことができます。

・直接雇用として働く前に職場の雰囲気が社風、仕事内容が分かる
「環境が分からないのにいきなり正社員になるのは不安」と感じる方にはピッタリの雇用形態です。合わなければ派遣契約終了時に直接雇用の申し入れをお断りすることも出来ます。

・派遣期間中は派遣会社のサポートがある
最長6ヶ月間の派遣期間中は、職場で不安なことや嫌なことがあった時など、直接派遣先企業の上司に言いにくいことも派遣会社が間に入ってサポートしてくれるので安心です。

デメリット:
・必ずしも正社員というわけではない
直接雇用にはパート・アルバイト・契約社員も含まれます。正社員を望んでいる場合は正社員前提の紹介予定派遣であるか確認しましょう。

・書類選考や面接など採用の難易度が通常の派遣よりも高い
通常の派遣と違い直接雇用を前提としているので、通常の派遣採用とは違い派遣先企業の書類選考や面接などがあり、通常の派遣採用より難易度が上がります。

・有給休暇の取得に時間がかかる
一般的に有給休暇は働き始めて6カ月後に発生します。しかし、紹介予定派遣の場合、派遣会社と契約した後で派遣先との直接雇用に切り替わるため、その時に有給取得までの起算日が一度リセットされてしまいます。派遣期間を含まない直接雇用後に、新たに有給の起算が開始するので、最初から正社員で雇用された人に比べて、有給の発生時期が最長6カ月程度遅くなってしまいます。


直接雇用を断られるケース

紹介予定派遣なので最長6ヶ月の派遣契約満了後は派遣先企業の直接雇用となる予定ですが、この派遣期間中に派遣先企業は直接雇用の最終判断をします。そのため、勤務態度が悪かったり、企業が思うような結果を出せなかった方は直接雇用を断られるケースがあります。

・遅刻/早退/欠勤など
遅刻や早退、欠勤は相当な理由がない限りNGです。万が一体調不良等で遅刻や欠勤となる場合は、早めに連絡をしましょう。
また、早退する場合も勝手に早退せずに上司に確認し、了承を得て、派遣元企業にも連絡をする必要があります。

・勤務態度が悪い
派遣先企業の指揮命令者の指示を無視や指示通りに仕事をしない。居眠りや休憩が多いなど。
指示を無視したり反抗的な態度をとることは、その時点で仕事に支障をきたします。どうしても納得がいかない指示であれば、まずは派遣元企業に相談してみましょう。
居眠りは論外、休憩を勝手に取ったり、休憩の頻度が多い場合も問題です。


・スキル不足
Excelの関数が必要なのに関数が使えなかったり、受付なのにコミュニケーション力がないなど、派遣先企業が求めているスキルに達していない。
採用される前の書類選考や面接で受かるために嘘をついてしまう人もいますが、業務が始まれば嘘は簡単にバレてしまいます。
直接雇用を断られたらまた仕事を探さなければいけません。企業のためにも自分のためにも選考では嘘をつかないようにしましょう。

・ミスが多い
大きなミスをしたり、連続してミスをしてしまうなどミスが多い
日々ミスをしないようメモを取るなど気をつけましょう。
また、ミスを犯したあとの態度も重要です。ミスがバレないように隠したりするのではなく、正直に報告したり、謝罪をするなどの向き合い方や対応力も判断されます。


まとめ

紹介予定派遣で派遣から正社員になれる可能性は十分にあります。紹介予定派遣で直接雇用のパートや契約社員ではなく正社員を目指している方は、最初から正社員前提の紹介予定派遣の求人を探しましょう。求人ではわからない場合は派遣会社に確認することをおすすめします。正社員前提の紹介予定派遣はハードルが高そうに見えますが、直接正社員求人に応募するよりも難易度が低くなる場合が多いです。気になったらまずは応募し、挑戦してみましょう!

Hanacoの転職では正社員前提の紹介予定派遣で外資系受付や総務など求人を多数取り扱っています。20代~30代の女性が多く活躍しているので、 是非一度ご相談ください(^^)

人気記事ランキング

タグ一覧

留学経験者のための英語専門人材サービス
運営:株式会社sunpla style
〒104-0061 東京都中央区銀座3-11-3 LEAGUE8F
プライバシーマーク登録番号:第17003921号